×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



月の宝珠
第一章 王女誘拐〜


扉へ/とっぷ/戻る




 収穫期にはまだ早い、青々と緑を茂らせた田畑の合間を馬車が進む。馬を操るのはシルヴィア王家の紋をつけた御者で、二頭の馬は最高級の栗毛馬、車輪が巻き上げる土埃が霞んで見えるほど、豪勢な馬車だ。
 王宮を出た時にはあれほど遠くにあった緑が、今は手を伸ばせば届く程近くにある。無数の枝を伸ばし、目いっぱいに太陽の恵みを受けた葉の緑が輝いて見えるのは、今朝方降った雨の名残だろうか。
「わあ……すごい。この辺りまで来ると、空気が澄んでますね。ラドルフさん」
 全開の窓から腰まで身を乗り出した姫君が子供じみた感想を漏らす。今日は頭の後ろで一つに束ねた栗毛が風にはためいて、まるで仔馬の尻尾のようだ。
「それはわかったから、頼むからもう少し身を引いてくれ。俺はさっきから、いつあんたが馬車から転げ落ちるかと気になってならん」
 これが単なる知り合いなら、物好きな奴だと放ってもおくのだが。相手が大国の王女――それも一応は現在の雇い主である相手の娘となると、転げ落ちたら拾いに行かねばなるまい。正直、それは非常に面倒くさい。
 シルヴィア王国の王宮内で刺客に襲われてから半月あまり、ラドルフは結局、王国を発つことができないでいた。よりにもよって王女の前で倒れるという醜態をしでかした結果、王宮に忍び込んだ刺客とやりあったことが公になり、有難くもなければ嬉しくもない姫君護衛の任につかされてしまった所為だ。
「ったく、何だってこの俺がお姫様の湯治のお供なんぞしなければならないんだ。そもそも、あんたには護衛なんか必要ないだろうが」
 送り込まれた刺客相手に対等に渡り合い、一太刀で相手の腱を断ち切る程の腕を持つ姫君である。確かめてはいないが、今も恐らく、その衣服の裾をたくし上げれば、あの恐ろしくも実用的な剣の切っ先が覗くに違いない。
「タチアナの湯は貴重な鉱石の成分が含まれていて、傷の治りを早める効果が高いんです。……特に、火傷には」
 さすがに身を乗り出すのも飽きたのか、腰から上を馬車に戻した姫君がそんなことをのたまう。さすがは一国の姫君を乗せる馬車だけあって、こうして向かいあっても膝と膝がぶつかるようなことはない。
「生憎、俺のこの傷はそんなものでは効かん。大体、あんた、俺のこの身体が恐ろしくはないのか」
 頭からすっぽりと被ったフードを避ければ、顔の左半分から首下まで焼け爛れた肌が露出する。はじめて会った儀式の場所では布を被っていたし、次にあったのは夜だった。姫君がラドルフを姿を日の下で見るのはこれがはじめてのことだろう。さすがに姫君に見せるわけにもいかないが、衣服の下も左側はすべて似たようなあり様だ。ラドルフのこの姿を目の当たりにした人間は、大抵、目を見張って遠ざかるか、見て見ぬふりをする。面と向かって化け物と罵られたことも、一度や二度の話ではない。
「怖いとは思いません。もう痛くないのかな……とは思いますけど」
 向かい合った鳶色の瞳には、彼がこれまで目にしてきたどんな色の感情もなかった。嫌悪も蔑みも哀れみさえもない。
「今はもう何ともない。……あんな風に痛むのは、満月の晩だけだからな」
「え、それってどういう――」
「あんたには関係ない」
「そんな、そこまで言っといて、そこでだんまりしないで下さい!」
 ただの雇用者と雇用主の関係では、それ以上の説明してやる義理も義務も存在しない。腕を組んだままで目を閉ざすと、ほんの少しだけ窓を開けている関係で、狭い馬車の内側で風が渦を巻いているのがわかった。戦場の砂や塵が混じった打ち据える風とは違う。撫でられたようなものだ。
 澄んでいるかどうかなどわからない。だがこの地を駆ける風の感触は心地よい。それだけは事実のようだった。



 目的の地についたのは夕暮れ時、早速旅の垢を落としに一風呂……ということになって、向かった姫君ご自慢のタチアナの湯は濃い乳白色をしていた。シルヴィア王国ご用達の湯治場というだけあって、他の人間達がやってくる気配もない。岩と木で取り囲まれた屋外の湯殿に身を沈めラドルフは深く息を吐き出した。
「まあ確かに悪くはないかもしれないな……」
 この異形の身を衆目にさらすのは気が引けるので、傭兵をしていても湯屋に行くことが出来ず、最近はもっぱら井戸端で身体を洗うだけで済ますことが多かった。この身を覆う爛れには効かないだろうが、傭兵稼業で染み付いた数多の古傷に、湯の成分が染み入ってくる気がする。
「ったく、俺は何をやっているんだ……」
 見上げた空の向こう、山の端が深紅に染まり、東の空から夕闇が迫りつつあった。これから姿を現す月は日を追うごとに満ちて行く。風流人ならここで詩の一つでも読んだかもしれないが、生憎、ラドルフにそんな風流な趣味はない。
 思っていたより悪くはないが、流石にこれ以上浸かっていると逆上せてきそうだ。傍らの岩に立てかけていた剣を取って、先ほど通った建物に戻ろうとした時、今まさに戻ろうとしたその戸の中から声がした。
「ラドルフさん?もしかして、まだお風呂に入ってるんですか?」
「は……?ここは男湯だろう!何でお前がそこにいるんだ?!」
 湯殿へと続く硝子戸は曇硝子で、その向こうにいる人間の姿をおぼろげにしか映さない。だがこの声といい、うっすらと見える人影といい、声の主は間違いなく、彼をこの場所に連れてきた件の王女だ。
「わかってますよ。夕食の準備が整ったから呼びにきたんです。まだ入ってるんでしたら、お背中でも流しましょうか?」
 受け取りようによっては非常に危ない爆弾発言に、いささか逆上せ気味の頭に頭痛が走る。王宮内を供もつけずに歩き回ったり、剣を振り回したり、あげく湯女までするというのか、この国の王女は。
 ――そんな馬鹿な話しが、あってたまるか!
「流さんでいい!とにかくさっさとそこを出て行け!」
 戦場暮らしで鍛えた大声で、盛大に怒鳴り散らしてやる。シルヴィア王家に雇われている限り、この王女と縁が切れることはなく、したがって、ラドルフにとっての湯治は、疲れを取るどころか、余計に疲れをためるものになりそうだった。

 

 夕食は地元の特産品をふんだんに使った豪勢なものだった。畑で取れた新鮮な野菜に川で取れるという魚や貝、地元の猟師が捕えた猪の肉まである。
 食後の酒はわざわざ遠方から取り寄せたのだろう。琥珀色も美しい最高級のワインだった。こんなものを食べ慣れた日には普段の生活に戻れなくなりそうな気がしないでもなかったが、出されたものを残すのは性に合わない。たらふく平らげてやって口元を拭っていると、姫君の鳶色の瞳と視線があった。
「どうやらロルカの反体制派の一派がわたしの身を狙っているようなのです」
「あの刺客の身元が割れた……のか」
「ええ。五人のうち四人までは尋問の途中で自害しましたが、一人がかろうじて」
 その口を割らせる為にどんな手を使ったのか。その手段までは問わないことにする。自白剤の大量投与か拷問か。いずれにせよ、いっそ死んだ方がましだと思わせるようなありとあらゆる手段が用いられたに違いない。
「だからわたし思ったんです。お父様とお兄様に迷惑をかけない為にも、ここはわたしが王宮から出て、刺客の目を引き寄せようと!」
「――は?」
 拳を握り締め高々と演説でもするかのような姫君の姿に、一瞬、眩暈がしそうになる。この湯治場の屋敷にいる護衛はラドルフを含めて十数名、姫君の身の回りの世話をする侍女やら料理人やらを含めても精々三十名程度の小世帯だ。こんなところを刺客に踏み込まれでもしたらどうする気なのだ。
 大体……とラドルフは顎に手をやる。今回の戦争は、先のロルカ王が数年前に亡くなり、その後、異母兄弟の王子間で、王位継承の争いが勃発したことに端を発している。戦争は正妻腹の弟王子の勝利に終わり、このたび、目出度く新国王として即位した。ロルカの反体制派というには、戦に負けた異母兄の方だろうが、異母兄の王子はロルカ国内の離宮に軟禁され、今はすべての権力を剥奪された状態であると聞く。
「ロルカの反国王派が、今更あんたの……姫様の身を狙って何になるというんだ?」
「前から一度言おうと思っていたんですが、その姫様というの、やめていただけませんか」
 国と国との政治問題について話していたはずが、いきなり身近な問題を返された。虚を突かれて目をしばたたくと、姫君――否、王の娘は、苦いものでも含んだように顔を歪めていた。
「わたし、嫌なんです。姫様って呼ばれるの。何だか馬鹿にされてるみたいで」
「そんなもの、あんたを姫君扱いする人間なんざ、この国には吐いて捨てるほどいるだろうが」
「だからです。だからせめて、わたしのことを個人的に知っている人には、姫呼ばわれしたくないんです」
 俺とあんたの関係が個人的な内に含まれるのか。そんな気がしないでもなかったが、今この場では口に出さないことにする。いきなり剣を取り出して暴れだされるのもことだし、今は状況判断を優先させたい。
「ならばフィリエ。単刀直入に聞く。お前はこの状況をどう読み解く」
「正直に言うならわかりません。父は弟王子……ロルカ王が国を復興できるよう、力を貸していますから。その関係なのかもしれませんが」
 王の座を巡って争う二人の王子。どこかで聞いたような話だし、古今東西を問わず似たような話には事欠かないが、当の本人達にとってはたった一度の人生だ。さぞかし重大事項であったことだろう。
 満月の夜でもないのに古傷が疼いてきそうになって、ラドルフは口の中で小さく舌打った。まったくもって馬鹿げている。当人達が争うのは勝手だが、争うならせめて他者に迷惑をかけない処でやってくれ。
「ラドルフさん?聞いてます?」
「あ、ああ。聞いている。つまりあんたは、今この時期に敢えて護衛の少ない場所に出かけて、自分を狙う相手をおびき出そうとしているということか」
 そして自分は、おびき出された何処の誰とも知れない間抜けと戦う為に、雇われた護衛というわけだ。まったくもって迷惑きわまりない。それほど危険な旅路であるというのなら、せめて前もってそうと言っておけ。
「――事情はわかった。契約は契約だからな。おびき出されるのが鬼だか蛇だが知らんが……戦うさ。それが俺の仕事だ」
 食堂の窓から見上げた空、雲の割れ目にのぞく月は猫の目のように細い三日月、これから月が満ちるまでは、またもうしばらくは猶予があるはずだった。
 


 ――結構、いい人だと思うのだけど。
 さすがは男……それも己の肉体を武器に戦う剣士といったところか。大体これくらいかと采配して、余るくらいに並べたはずの料理の皿は、既にすべてが空だった。もっとも、思ったっていたよりはるかに礼儀の良い食べ方をする男で、男が座っていた辺りのテーブルクロスも食器もほとんど汚れていない。彼の身についた所作は荒れくれ者のそれというよりは、ある程度以上教養のある人間の仕草に思われた。
 密談を終えたばかりの食卓で、フィリエはたった今、去って行ったばかりの男の姿に思いを馳せる。
 ラドルフ・インバートがシルヴィア王国に雇われたのは今から半年程前、ロルカとシルヴィアの国境付近の戦線で、当時のシルヴィア王国軍総指揮官であった将軍が、傭兵ギルドの総長に、たいそう腕の立つ人間がいると紹介されたのがはじまりらしい。もっともシルヴィア王国とて、たかだかそれだけのことで、傭兵に軍の指揮を任せるほど人材不足なわけではない。ラドルフが軍の指揮を取ることになったのは、彼を王国軍に引き入れた将軍が、よりにもよってロルカ領内で敵の矢に倒れてしまった所為だ。
 指揮官を欠いて敵国に取り残された王国軍を、彼はほとんど被害も出さずに撤退させ、追いすがる敵にはしたたかな打撃を食らわせた。事実上、たった一人の傭兵の働きによって、国と国との戦争が終結したといってもいい。
「それに、格好いいと思うのよね」
 身体に色濃く残る火傷の痕を気にしているのか、長く伸ばした髪を顔の左側に垂らして、普段は砂漠の民のように、生成りの布で頭と口元を覆っている。だがひとたびそれを取り除いてしまえば、黒曜石のような双眸も、鋭く切れ上がった眼差しも、フィリエの眼には充分以上に魅力的に映る。これできっちりと左右対称ならばただの美男子で終わってしまっただろうから、むしろあの火傷の痕があってよかったくらいだ。
「ねえ、貴女もそう思わない?」
 問いかけられたのは、先ほどからせっせと夕餉の後片付けに精を出している、フィリエ付きの侍女の一人だった。三十代半ばの彼女は先の戦で夫を亡くし、幼い息子を抱えて王女付きの女官になった。夫が軍の中でそれなりに功績のある武人であることが幸いしたのだが、平民あがりの寡婦にとっては破格の出世だろう。
「格好いいとは……あの、先ほどのまでここにいらした……あの御方のことですか?」
 空の皿を盆の上に何枚も重ねたまま、侍女はぽかんと口を開く。
「ええ、そうよ」
「軍人として、たいそうご立派な方だとうかがっていますが……、見た目の点についてはわたくしには何とも……」
「いつもあんな風に顔を隠しているのがいけないのよね。折角あんなに格好いいのだから、皆に見せびらかせばいいのに」
 その辺りが価値観の違いというものなのだろうか。本気で首を傾げたフィリエを見て、侍女は密かに嘆息した。
「……姫様にゲテモノ趣味があるとは存じませんでした」
 先に席を立って部屋に戻ったゲテモノ――もとい剣士が、このやり取りについて知ることがなかったのは、幸い、であったのかもしれない。




扉へ/とっぷ/次へ