×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


暁の彼方〜登場人物〜



■戦闘者のギルド
テラ(女、18歳)
<戦乙女>と呼ばれた最強の剣士カウラを母に持つ。カウラ亡き後、その仇を取るため、王宮に踊り子として侵入する。燃えるような深紅の髪が特徴。

クラネット(男、42歳)
戦闘者のギルド頭領。母を亡くしたテラの保護者となる。かつてカウラとは深い関係にあり、王宮の人間を深く憎む。

カウラ(女、享年31歳)
テラの母。通称<戦乙女>。本編開始当時既に故人。優れた剣の使い手だった。

カイザック(男、18歳)
クラネットの長子で、戦闘者のギルドの次期頭領。戦乙女とその娘を深く憎む。


■旅芸人の一座
リディス(女、15歳)
一座最年少の踊り子。踊りの腕前は抜群。テラと仲が良い。

オウカ(女、24歳)
軽業師の女。実は戦闘者のギルドの一員で、婚約者を王宮にて失う。クラネットにテラの保護を命じられていたがギルドを捨て、後にダワと恋仲になる。

ダワ(男、24歳)
蛇使いの男。愛蛇の名はクラン。生粋の西の民。オウカの恋人。


■グリジア王国王宮
ルーカス・グリジア(男、20歳)
グリジア王国宰相。グリジア王国第18代国王シリウス2世の第13王子。王宮では珍しい黒髪黒眼で、通称は<黒宰相>。

グレイ・クレスタ(男、23歳)
グリジア王国近衛隊隊長。ルーカスとは幼馴染であり、親友でもある。女に手が早いらしい(第1章より)。

シリウス3世=皇太孫シリウス(男、28歳)
グリジア王国第19代国王。かつて人々の敬愛を集めた「皇太孫」であったが、現在は宮殿の奥深くに引きこもったまま出てこない。

レノラ・グリジア(女、24歳)
シリウス3世正妃。ルーカスに想いを寄せている(らしい)。

サラン・ドーレ(女、35歳)
ルーカスの母。シリウス2世の愛妾。奴隷として王宮に仕えるうちにシリウス2世の寵を受け、ルーカスを生む。

エリザ(女、?歳)
ルーカスの母の身の回りの世話を行っていた老女。傷を負ったテラの看病を行う。

クラウス・テーゼ(男、57歳)
グリジア王国司法長官。宰相ルーカスを陥れようと策略したが失敗。しかしその策謀をルーカスに見出され、黒宰相の腹心となる。

テリーゼ・グリジア(旧姓クレスタ、女、33歳)
グレイの異母姉。王家分家に嫁ぐ。夫は将軍として東の国境にあり、実質、王家分家の女主人。





扉へ/とっぷ