×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



西明り


扉へ/とっぷ/

 1
 弟が花嫁を連れて帰ってきたのは、秋の終わりのことだった。
 吉田の里を彩る紅葉は盛りを過ぎ、既にすべての葉を落とし、黒々とした地肌をむき出しにした枝もある。枝から地上に降り立った栗鼠の頬袋は、冬支度の木の実ではち切れそうだ。今年は天候が穏やかで、領内で目立った戦も起こらなかった。収穫を終えた田畑を歩む領民達の顔は心なしか穏やかだ。
「誤解だ、沙紀殿!俺はただ話をしていただけで――」
「お話されるのに、あれほど近づかなければならないのですか?その上、元春様の嬉しそうなお顔と言ったら!」
 その日、いつものように領内の視察を終え、郡山城に戻ってきた毛利隆元は、離れの方角から聞こえてきたやりとりに、歩みを止めた。
「……また、やっているのか。あの二人は」
「は、次郎様が家臣の娘や侍女達の世話を焼くのが、姫様のお気に召さないようで……」
 視察に付き添わず。城に残っていた家臣の一人が、苦笑と共にいう。七歳下の弟である元春は昔から人懐こい性格で、男女を問わず家臣や領民に人気があった。正式に吉川家の養子になることが決まり、妻も娶った今となっては、側室でもいいので吉川に連れていってくれと、近づいてくる者もいる。若い義妹がやきもきするのも無理はない。
 はじめの頃は兄貴面して弟に苦言の一つも呈していたのだが、そんなやりとりが恒例行事になるに連れ、いい加減間に入るのも止めてしまった。どうせ放っておいたところで、一刻か二刻もたてばもとの睦まじい夫婦に戻るのだ。何が悲しくて新婚夫婦の痴話げんかの仲裁などしなければならぬ。
 案の定、隆元が白湯で口を潤して一息ついた頃には、夫婦喧嘩の声は聞こえなくなっていた。かわりに衣擦れの音と、何事か囁く低い笑い声がする。どうやら誤解が解けて元の鞘に収まったらしいが、まったく、二十を過ぎていまだ独り身のこちらの気持ちも少しは考えてもらいたい。
「――羨ましいか?隆元よ」
「父上」
 心底呆れた心持で口元を拭っていると、背後に人の立つ気配があった。毛利の家督こそ隆元に譲ったものの、実質上の城主は未だ父親の元就である。父の知略や戦術には到底及ばぬ自覚があるので、隆元にそのことを不服に思う気はない。だが、安芸にこの人あると知られる武将は最近、とみに好々爺じみてきた。毛利家の子供は三男一女、一人娘の妹を嫁に出してから娘というものを持たずにきた父は、次男坊の嫁が可愛くて仕方ないらしい。
「そなたの嫁になりたい娘なら、領内に大勢おるのだ。どうだ?側室で良ければ、今すぐにでも二、三人見繕うぞ」
「――父上」
 表情は穏やかに、だが口調だけはきっぱりと隆元は言う。
「お心配りには感謝いたします。……ですが」
 ――大丈夫。大丈夫。きっと何もかもうまく行く。
 視界を閉ざせば今も耳奥に、あの日の言葉が蘇る。今よりもずっと幼かったあの日、巣から落ちた小鳥の雛のように、二人で抱き合ったまま一晩中震え続けた。
 ――大丈夫。俺は待てるよ。いつまでだって。
「私には心に決めた女(ひと)がおります故」



 不均等に均された地面の不自然さには気がついていた。風に揺れる欅の枝の動きもどこか不自然で、恐らくその影には随分とたくさんの人間が隠れているに違いない。
 思ったとおり、数歩歩いたところで大地が割れた。気づいた時には、地面にぽかりと開いた落とし穴の中から、隆元はぼんやりと、故郷の吉田とは色味も高さも違う山口の空を眺めていた。
「馬鹿だなぁ、毛利の山猿!」
「こんなものにも気づかないなら、毛利なんか尼子に一のみだぜ」
 隆元――元服前の毛利少輔太郎が、山口にある大内家に出向いたのは、十五の冬のことだった。
 その頃、父は尼子から大内へ舵取りをして間もなくで、尼子から身を守る為、より大内に近づく必要性があった。元服を間近に控えた嫡男を大内家に預けたのもその為で、実質上の人質である。
 もっとも毛利の嫡男を迎え入れた大内家は、決して、少輔太郎を粗略に扱いはしなかった。山口に到着して間もなく行われた元服の儀では、大内家の主である大内義隆が直々に烏帽子親を勤め、自身の名前の一文字を与えて隆元と名を改めた。大内に付き従う重臣や家臣からの扱いも、今のところ、そう悪いものではない。
「どうした、山猿?お前、山猿の癖にそんな穴も登れないのかよ」
「山猿は土まみれがお似合いだ」
 囃したてているのは大内家の重臣陶家の嫡男で、後ろにいるのは弘中隆包か。後ろでおろおろしているのは人質仲間の天野の倅だろう。その向こうには大内義隆の養子である大内恒持のいかにも公家然とした白い面が見える。
 毛利の本拠地である郡山は尼子戦略にとって欠かせない土地なので、山口の大人達は皆、毛利の倅にある程度の気遣いを見せる。しかし同じ年頃の少年達は、あくまでも正直だった。相手が大内に比べればはるかに小身の毛利家の、それも人質ともなれば、何をしたって文句は出ない。
 ばさばさと降ってきた土塊や枯れ草を、軽く頭を振ることで振り払う。かなりの大きさのある落とし穴だが、落ちた時に受身を取ったお陰で、幸い、どこも傷めずに済んだ。まったく、馬鹿馬鹿しくて笑う気にもならない。こんなくだらないことに使う労力があるのなら、どうしてその情熱をもっと他のことに生かさないのか。
「――そなた達!何をやっておるのじゃ!!」
 歳に似合わぬ諦念を口許に浮かべた隆元の頭上に、けたたましい声が降ってきた。落とし穴の縁にいた少年達が、一斉に、げ、と呟く。蜘蛛の子を散らしたように去って行く少達の足が地面を掻いて、さらに土埃やら何やらが舞い散って来る。目をしばたたきながら、隆元は穴の縁に手をかけた。
「こんな馬鹿みたいなことばかりして、己らは阿呆か?!今日という今日こそは、お館様に言いつけてやろうぞ!」
「――姫。私が勝手に穴に落ちたのです。その者達の咎ではない」
 穴の縁に手が届けば、後は腕の力だけであっけなく地上に舞い戻ることができる。隆元の言葉に、声の主は振り返った。
 大きな黒い目は濡れたように輝き、肩の下で切り揃えた黒髪は属に「緑の」と形容されそうな光を帯びている。肌は抜けるように白く、小さめの唇は紅など塗らずとも艶やかに赤い。あと数年たてば、文句なしに西国一の美姫と呼ばれることだろう。
「そなたもそなたじゃ!男ならばやられてばかりいないで、たまにはやりかえしたらどうなのじゃ!」
 大内家の重臣を務める内藤家は、現在の当主義隆の母の実家でもある。先代当主の義興は、大内家の正室は都から迎える伝統を破って、幼馴染である内藤家の娘を深く愛した。
 代々の重臣である権威と、お館様の母君の血筋――
 内藤興盛が娘、緋奈姫は「お館様の姫君」と呼ばれていた。

 



扉へ/とっぷ/次へ