×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





 風の軌跡






since 2004.11.20
管理人 風花


What's New

 2016.06.01
  ・「ラスト・イニング」更新 
      








【連載小説】

ラスト・イニング(現代・長編・完結)

甲子園を目指す夏の地方予選で、無名の進学校が名門校を破って快進撃を続けていた。
チームのエースで3番打者の塚原勇人には、かつて父親が殺人事件を犯して自殺するという暗い過去があった。



月の宝珠(ファンタジー・長編・本編完結・外伝完結) 

 その国には、かつて剣士と駆け落ちをした姫君がいた。
 呪い持ちの剣士・ラドルフと、変わり者の姫君・フィリエの諸国漫遊(?)の物語。



暁の彼方(ファンタジー・長編・本編・外伝完結) 

 戦闘者のギルドと呼ばれる組織で生まれ育った娘・テラ。
 彼女が出会ったのは、黒宰相と呼ばれる、冷たい目をした若者・ルーカスだった。
 敵であり、母の仇でもあるルーカスに彼女は次第に惹かれて行くが…。



永遠より長く(歴史・中編・完結)

 戦国時代の安芸国、三入高松城主熊谷信直の娘沙紀は、「天下の醜女」と呼ばれていた。そんな沙紀の前にある日、次郎と名乗る男が現れて…。


山吹泡影(歴史・一話完結連載・完結) 

 壬申の乱という時代の激流に翻弄された、大友皇子、十市皇女、高市皇子のそれぞれの人生と恋物語。全10話完結。


風の挽歌 (ファンタジー・一話完結連載・完結) 

 「大災厄」と呼ばれた大地震から、5年。
 地震で滅んだ遊牧民の娘・シナと、傍系の皇族の息子・カイ。
 賞金稼ぎとして各地を旅する2人の、一話完結型で続いて行く物語。




【短編小説】

川の流れ 

 戦乱の記憶も今は昔、病床の妹を見舞った初は、これまでの人生に思いを馳せる。


すすき野原 

 稀代の美女と呼ばれ、近衛帝・二条帝の二代后となった藤原多子の真の想いはどこに。



浮花語り

 人は私を政略の犠牲と申します。
 兄・葛城皇子の命により、年の離れた叔父に嫁いだ間人皇女の運命は。



戦塵

 お前は、徳川の姫じゃ。
 それではあの言葉に、他にどんな意味があったというのだろう。
 大阪城落城を前に豊臣方使者として、千姫は父・徳川秀忠のもとに送り届けられる。



水底の都

 元暦二年壇の浦の合戦にて平家は今まさに滅びようとしていた。
 船上の建礼門院徳子の心中は。








Copyright ? 2004- kazeno.kiseki Reserved.